カテゴリ:★理想の家( 31 )



 ◆◇◆ 建替え中の我家の状況は、別ブログ “シンプルxシック”にて公開中 ◆◇◆

もっとワガママに、もっと自由に…

我が“家”は築19年の建売で、当時バブル全盛の頃(バブル崩壊の一歩手前)、家の広告チラシには【美築】と大きな文字が躍っていた。
実際に住んでみて、本当に良くできた家だと思う、門扉、建具、床、壁、柱、どれをとっても贅沢仕様で建てられたものだと、素人の目でもわかるくらい“いい家”だ。
ビルトインのガレージ、中2階のようなリビング、日当たりも良く、三方道路に面し、地下のお風呂場も、カビさえなければ、冬あたたかで、夏すずしい、快適な住環境だと自負している。

7年ほど前、外壁を塗りなおした時、主人が失敗して、元大手?のぺイントハウスに頼んでしまったが(笑) それでも まるで新築のように家が蘇った。
今尚、近所の新築の家に負けないくらい、外見は立派な家なのである。

「家を建替える」と、人に言うと、100% 「もったいない」と声が返ってくる程、まさに 美築建設 の建物である。

それを、あえて、壊し、建替えるのは、やはり、もったいないのかもしれない。

この家で、十分 満足 しなければいけないのかもしれない。

これ以上を求めるのは、贅沢以外の何物でもない気がする。

19年経った今でも、この家は、地下のお風呂場以外は、快適な“家”だと思う。
駅にも近い(徒歩3~4分) 大学病院、スーパー、環8が近くにあるにも関わらず、まわりは、静かで閑静な住宅地だ。住むには最高の場所だと主人も私も感じている。

それでも、尚、

私は、今以上に、快適な 温度のバリアフリー を求めている。
家がどこも一定の温度、一定の湿度。。。
現在、床の段差や、手すり等、こういったバリアフリーはかなり普及されているが、なぜか、温度のバリアフリーは普及されていない。
どんなに床が平らで、お風呂やトイレに車椅子で入れたとしても、そこの温度が、冬は寒く、夏は暑かったら、どうなんだろう? やはり、それは“ガマン”するしかないのだろうか?

日本人は、世界で一番、我慢強い国民だと、私は思っている。
“耐える”事を “美徳”としている。
私も、“忍耐”、耐え忍ぶ、そんな日本人の気質を尊いと思っている。

しかし、もぉ、美しい四季(季節)の中で、ジメ~とした暑さに耐え、
冬の寒さを忍び、ジッと春を待たなくてもいいのではないかと思う。

1年中 家の中が“春”でも いいですよね?

やっぱり、ダメですかね? 家の中が、春と秋しかない なんて・・・
[PR]


 ◆◇◆ 建替え中の我家の状況は、別ブログ “シンプルxシック”にて公開中 ◆◇◆

by million2005 | 2006-12-12 22:08 | ★理想の家

リフォーム

今、長い夢から覚めた、そんな感覚です。。。

土・日 家族会議を開いた結果…

建替えの夢をあきらめ、リフォームをする事に…

全館空調も、中庭も・・・(;_;)/~さよ~なら~

まぁねっ、時期から言えば、築19年、“リフォーム”の時期ではあるんですけどね。

ネックになっている 地下の浴室
大きな地下排水用のピット 
これ等をどうするかが重要課題
白紙に戻って、またからやり直しです。

でも、リフォームにせよ、建替えにせよ、☆理想の家☆に近づけるために
精一杯がんばりたいと思いますp(⌒v⌒)q 
まだまだ夢はあきらめないぞぉ~
[PR]


 ◆◇◆ 建替え中の我家の状況は、別ブログ “シンプルxシック”にて公開中 ◆◇◆

by million2005 | 2006-11-27 14:18 | ★理想の家

全館空調

 11月も半分過ぎて、今日は朝から徐々に冷えてきましたね~(>_<")さっぶぅ~
気持ちのいい春や秋は、あっという間にすぎ、ジメジメ暑い夏、底冷えのする寒い冬はどうしても長く感じてしまいます。‘暑い’‘寒い’をストレスに感じるのは、たぶん人間だけなんでしょうね。あれ?それって私だけかな?(笑)
 家がキレイに片付かない事を‘季節’のせいにして、夏は暑いから、冬は寒いからと、1箇所に固まって動かない私、そんな自分を甘やかす為に、“全館空調”(家の中がどこも一定の温度)にこだわっているけど、家の中が全部一定温度で、夏は暑くなく、冬が寒くなくなったら、本当に家の中がキレイに保たれるのだろうか?それは間違いである。人間、家が狭かろうが広かろうが、寒かろうが、暖かかろうが、ものぐさな人はものぐさで、マメな人はマメなんだと思う(笑)。現に、春とか秋なら家の中がキレイかと聞かれたら、答えは「NO」です…^^ゞ
 よって、全館空調にしたからって、私の性格や生活習慣までもが変わるなんて思ってはいません。ただ、それでもやっぱり、昔見たアメリカ映画のように、クリスマスの晩、家に帰ると、暖かい暖炉の火と、コートを脱いだ下は半袖とか薄着で、家族も皆家の中を走り回るような、あんな“理想の家”にあこがれてしまう。
 とにかく私は、“寒いのが嫌い”である。(それに加え、冷房、暖房も正直苦手^^ゞ)
夏はいくら暑くても耐えられるが、冬の寒さだけは耐えられない。今の家の暖房は、エアコン、ハロゲンヒーター、ホットカーペット、石油ストーブ。これらは、部分的にしか暖めてくれない。どれもこれも、どうしても各部屋ごとに、暖かい部分と、そうでない部分の差が出てしまう。
 足元は暖かいけど、首スジの辺りがスースーするとか、頭の方にばかり暖かい空気が溜まって、足元が冷えるとか…。
 これらの暖房は、家の中にいる【人】を暖めるためのものであって、決して【家】を暖めるものではない。
 そこで登場するのが、“全館空調”
これは、高気密・高断熱の家ならではのシステムで、夏場は家の中の冷えた空気を外にださず、外の暑い空気を遮断する。冬はその逆。つまり、魔法瓶(ポット)の中にいるようなもの。
 人間を暖めたり冷やしたりするのではなく、家自体を暖めておいたり、冷やしておいたりするものだと、私自身は捉えている。
 冷暖房の観念が根本的に変わってくる。
 でも、私は、この考え方が気に入っている。
家の中が自動的に快適な空間になっている事はいたって必然的なのではないだろうか。

 日本古来の家屋、木造で、木のぬくもりと共に生活してきた私達日本人。木に囲まれていると安心する。冬でも窓を開け、冷たい空気を取り入れ、自然と気が引き締まる。夏の日差しを遮るために、縁側を作り、屋根の軒下を長くする、その分、冬は座敷の奥まで日が入り暖かい。日本人の知恵である。とにかく‘風情’がある。人にも家にも。
 今、この現代に、都会の真ん中で、この‘風情’を味わう事は到底無理である。ならば、おもいっきり合理的になってもいいんじゃないかと思う。
 人を冷やす冷房ではなく、家自体を冷やす冷房、
 人を暖める暖房ではないく、家自体を暖める暖房へと…
その方が、ずっとずっと人間にとって自然で、健康的なんじゃないかと。。。決して私、全館空調を押しているハウスメーカーの回し者ではありませんが^^ゞ

 寒くなるとどうしてもジッとして動かず、こんな事ばかりを考えているmillionでしたーー;)
[PR]


 ◆◇◆ 建替え中の我家の状況は、別ブログ “シンプルxシック”にて公開中 ◆◇◆

by million2005 | 2006-11-17 10:30 | ★理想の家

タイトル 『パティオの休日』

家づくりは、映画を1本つくるのと同じ気がする。。。
だから、今回我家の建替えプロジェクトに、タイトルをつけてみました(笑)ゞ

『パティオの休日』

玄関はプロローグ 「はじまり~ はじまり~」
お料理で言う、前菜
これは、かなり重要!
この映画がおもしろいか、おもしろくないか? 玄関を見れば一目瞭然
出来るだけインパクトのある、それでいて優しく招き入れてくれるような
そんな空間にしたい。

我家のコンセプト
“主役は、キッチン”
最近、映画や海外のテレビドラマを見ても、必ず出てくるキッチンの場面
俳優さん達が家の中で話をする時、大抵はリビングじゃなく、キッチンなのである。
現在、キッチンは家の主役なんだと思う。

リビングはあくまでも脇役・・・でも、この脇役が良くなくちゃ、
映画が締まらない←重要

ヒロインがキッチンなら、相手役のヒーローは浴室(バス・ルーム)

そして、彼等のみつめる先、行く手には いつも パティオ(中庭)がある―――

う~ん、なかなかイイ映画が出来そうな予感(爆) 自画自賛ξ≧▽≦ξ
監督、脚本は… 一応 私の担当。
主人は製作・総指揮と、スポンサー(?)かな(笑)
これから腕のいぃ~い スタッフを探さなくっちゃ…p(⌒v⌒)q
[PR]


 ◆◇◆ 建替え中の我家の状況は、別ブログ “シンプルxシック”にて公開中 ◆◇◆

by million2005 | 2006-11-10 14:26 | ★理想の家

また振り出しに…

“家の建替え双六(すごろく)”は、全然 コマが進みません(/。\)

1度はあきらめた、家の間取り⇒「中庭」
復活しちゃいました(∩。∩)ゞ
うちの場合、「中庭」という程 大したものじゃなくて
ホント 「坪庭」 程度のものですが…
c0025852_16374647.gif
今までとは別のハウスメーカーさんお願いしたら、
こんな図面を作ってくださり、
私も娘も「これに決定!」(゚-゚;)ヾ(-_-;) オイオイ

希望していた、
●坪庭 ●リビングステア ●対面式キッチン
●WIC(ウォークインクローゼット)
●シューズ・クローク ●自転車置き場 ●勝手口
●ウッドデッキ ●1.25坪の浴室 ●浴室から中庭(アウトドアスペース)
●パントリー  ●ユーティリティ(家事室) など等

ほぼ完璧… 要望通りに収まっています(⌒o⌒)b

母の部屋を1階に配置することにより、2階をゆったり家族のスペースとしてあてることができました。

これで・・・お願いしちゃおうかな???^^ゞ

いろいろ考えたけど(ほとんど毎日24時間) 
家族の動線、私の動線、考えれば考えるほど こんがらがってきて
わけがわからなくなって、どんどん泥沼にハマっていきました。
結局は、こうして 設計士さんが作ってくれた図面が1番収まりがイイ気がします。

“家の建替え双六(すごろく)” 無事GOALまでたどりつけるのでしょうか???
[PR]


 ◆◇◆ 建替え中の我家の状況は、別ブログ “シンプルxシック”にて公開中 ◆◇◆

by million2005 | 2006-10-27 17:16 | ★理想の家

OZONE

新宿にある リビングデザインセンター
OZONE Interior Studio に行ってきました。
c0025852_10473133.gif

前から、行きたい、行きたいと思っていたのですが、
ハウスメーカーと新宿で打ち合わせる際は、なぜか水曜日が多くて、
OZONEは水曜が定休日なので、なかなか行く機会がなかったんです。
妹のところも、近い将来建替えを考えているということなので、
昨日の木曜に一緒につきあってもらって、やっと行く事ができました。

OZONEハウジングコンシェルジュ2006
自分らしい家づくりのすすめ方
と題して、
家づくりに関して、いろいろと相談にのってくれる、そんなイベントが開催されていて、
週末には、各住宅メーカーが、それぞれに時間を分けてセミナーを行い、
どこの住宅メーカーを選んだらいいのか? それとも建築家に依頼するのか、
そんなところから しっかりとサポートしてくれるみたいです。すご~い(^〇^)//

そのイベントブラザに、建築家65名がつくった 自宅の模型
展示されていて、もう目が釘付けです^^ゞ お家の模型って大好き!!!
ここなら、きっと私 1日中居ても 飽きないかも(^m^)

ザ・コンランショップカフェで、軽いランチを取った後、7階から3階まで
階を下りながら見て歩きました。楽しかったぁ~♪♪

キッチンメーカー LesArcs(レザルク)は、 mm(ミリ)単位で、自分の好きなように
オーダーメイドのキッチンが作れるんです。
自分の背丈とか、自分の使い勝手の好いように キッチンをつくれたら
どんなにステキでしょうね~♪ 
でも、妹は、キッチンに全く“興味”がないらしい(-"-;)
彼女の家に対する“こだわり”は、私以上に“変”かもしれない(笑)
[PR]


 ◆◇◆ 建替え中の我家の状況は、別ブログ “シンプルxシック”にて公開中 ◆◇◆

by million2005 | 2006-10-20 11:14 | ★理想の家

「売出現地」の看板

最近すっかり、家を見ること が趣味になってきました^^ゞ
自転車で町を走っている時も、
週末、車でどこかへ出かけても、

売出現地

⇒ ⇒ ⇒


の看板をみると、目が輝いてしまって(笑) つい、やじるしにそって、
現地へと吸い込まれるように、見に行ってしまいうんです。
先日も 車で家の近所を走っていると、

中庭つき

の文字が、(◎_◎;) 運転している主人にお願い(^人^)して 現地
見に行っちゃいました。↓ ↓ ↓
c0025852_10113613.gifc0025852_10115326.gif











玄関どうですか? 2階まで吹き抜けになっていて
入った瞬間、青空が見えるんです!?(゚〇゚;)
これは、チラシに描かれた絵なんですけど(写真左) 実際も
この絵と同じくらいキレイでした。まだ、中央のシンボルツリーが
そんなに大きくなっていないので、2階の窓は1面 青空。。。
全体が白の大理石で、玄関右側に階段があるんですけど
らせん状になっていて、2階の窓側が廊下になっています。
玄関、中庭、を挟んで、左右にお部屋が配置してあります。
本当にステキでした。はぁ~ε-(´。`;)ため息

写真右側は、雑誌から切り取った中庭のイメージ画像です。

普段、町を歩いていも、家にいる時も、友人と話していても、結局
頭の中は“家のこと”ばかり、映画やドラマを見ていても、内容よりも
家の造りや家具に目がいっちゃって(f^^)
大好きな韓国ドラマ「ラブストーリー・イン・ハーバード」でも、主人公2人の
後ろのニッチ(棚)がステキだったので、おもわず写真撮っちゃいました(爆)
c0025852_10292415.gif

も~これは、ほとんど “病気” だと 思います( ̄⊥ ̄lll
[PR]


 ◆◇◆ 建替え中の我家の状況は、別ブログ “シンプルxシック”にて公開中 ◆◇◆

by million2005 | 2006-10-20 10:25 | ★理想の家

雑誌「pen」

c0025852_9562994.jpg滅多に雑誌なんて
買わないのですが、
おもわず
買っちゃいました
(∩。∩)ゞ



これって、
中・高年向け
男性雑誌
・・・ですよね?

もしかして私、
オ○ジ
入ってます?(笑)


中身はこんな感じです ↓ ↓ ↓ 
c0025852_9575686.gif
囲炉裏(いろり)、家が広かったら絶対欲しいんですよね~

住んでいるところが都会じゃなくて、山奥とか、海辺とか
広~い敷地があったら、【理想の家】もまた違ってきます。

まず、平屋で、玄関の横に“土間”があって
(“土間”って 憧れなんです^^ゞ)
土間とキッチンがつながっていて、
ダイニングには、大きなダイニングテーブルと
中央には “堀” または “囲炉裏”
和室は大きくとらずに、小上がり程度(腰掛けられる高さ)
そして、南に面したところには、だだ広い“縁側”
これ等を “純・和風” ではなくて、 “モダン・和風”
建ててみたいです^^

でも、実際には、都内の狭小住宅
上の ↑ ↑ ↑ 条件は全く満たされないので(笑)
だったら、いかに 快適に、 いかに コンパクトに、
住みやすい家にするか。

昔は、主婦は奥の(まさに奥様)台所で、ひとり黙々と
作業をこなし、お客様が来た時は、客間に通して、
奥さんは奥の台所で、食事の用意、運搬、更には、ひとり後片付け。。。

でも今(現代)は、お客様を、キッチン、ダイニング、リビングに通して、
“オープンスペース”の中で 家族はもちろん
お客様(友人)にもキッチンに立ってもらったり
旦那様にお料理してもらう… そんな時代に

雑誌「pen」今月号は、まさに その特集で
バスルームが第2のリビングだったり、
家がまるごとギャラリーになっていたり、
各部屋が「広場」というスペースになっていたり、等など

【理想の家】も、時代と共に、人と共に、日々 進化し、変化してるんですね~


内心、ここまでは こだわらなくても…(笑)と 思うのですが、
やはり、自分らしい家、自分達 家族の居心地のイイ【理想の家】には、
何が何でも したいですね~p(⌒v⌒)q
[PR]


 ◆◇◆ 建替え中の我家の状況は、別ブログ “シンプルxシック”にて公開中 ◆◇◆

by million2005 | 2006-10-17 10:28 | ★理想の家

デザイナーズ・ハウス

この間の休み(3連休)に、家の近くの
デザイナーズ物件を見に行ってきました。

今住んでいる家と同じくらいの敷地面積で、
2棟の建売には、それぞれに特徴がありました。
1棟は、螺旋(らせん)階段がメインの、回遊式の間取りになっていて、
家の真ん中に丸い空洞があいているみたい。。。

もう1棟は、私が密かにあこがれている

 スキップ・フロア でした。
c0025852_2261131.gif
>半階ずつずらして
 配置されたフロアのこと






実際の物件は、半階ではないく、玄関を入るとリビングあり、そこから
3~4段上がったところにダイニング、ダイニングの扉の奥に普通の階段があり、2階へ行くと、浴室、子供部屋、また3~4段小上がりになっていて、そこに寝室と、各部屋がちょっとずつズレた感じになっているんです。しかも、全部がつながっていて、見渡せる感じ、2階のバルコニーは吹き抜けになっていて、階下のダイニングが見えたりします。

家のどこにいても 家族の気配が感じられる、そんな‘家’でした。

う~~~~ん (>_<") ますます 悩む…

         私自身、 もう限界です…

どうしたいのか、わからなくなってきました┐(´・c_・` ;)┌ 

☆おしゃれなデザイナーズ・ハウス☆
でも、うちには、私の母もいるし、犬も猫もいるから、できるだけ、段差がない方がいい・・・そうだよね~
でも、中庭(坪庭、光庭)、スキップ・フロア、普通の家とは違う、一癖も二癖もある、そんな家にしたい

【現実】は、やはり、大きな壁として、私の目の前に立ちはだかってきました。
思ったとおり。
【夢】を見ていた頃が懐かしいとさえ、思えてきました。
どうしても乗り越えなければいけない【現実の壁】――― 
その向こうに【理想の家】は あるのだろうか???
[PR]


 ◆◇◆ 建替え中の我家の状況は、別ブログ “シンプルxシック”にて公開中 ◆◇◆

by million2005 | 2006-10-11 22:33 | ★理想の家

参考ブログ

日々、頭の中は、‘家’のことでいっぱいである。。。(笑)

パソコンをしていても、見てまわるのは ‘お家関連のブログ’ばかり(f^^)
ネットサーフィンでみつけた
「家を建てるなら、ここを見てからでも遅くない」は、
とても勉強になりましたし、今後の参考にさせてもらうべきサイトでした。
(お気に入りに追加)

これから家を建てるということは、残された人生の、その
何十年と言う月日、もしかしたら、この家で死ぬのかもしれない――
それくらい、私達夫婦にとっても、私の母にとっても
‘最終の地’‘永住の地’になるわけで、
そんな残された ほんの短い年月を 

どれだけ シンプルに
どれだけ 美しく
どれだけ 気持ちよく
暮らせるか


ハウスメーカーさんにしてみれば、‘契約がとれるか?とれないか?’だけの
問題かもしれないけど、私達家族にしてみたら、

そりゃ~、必死ですよ、まじでホント!

考えても、考えても、考えても、考え足りないくらい…
悩んでも、悩んでも、悩んでも、悩みきれないくらい…

人がこれだけ必死になるって、そう人生の中で、あるもんじゃない…
と思います。私自身、‘のほ、ほ~ん’と生きてきて、
今までに、あんまり必死になることなんて、なかったかも…

だから、今、 すごい 必死です (笑)

泳げなくて、体力もない私が、トライアスロンに挑戦するようなもので
(ふむ、我ながらイイ表現^m^;)
海に出た途端に 溺れちゃう(>_<") それくらい大変な事

まずは、‘息継ぎ’ おぼえなくっちゃ▼*゚v゚*▼だわん♪
[PR]


 ◆◇◆ 建替え中の我家の状況は、別ブログ “シンプルxシック”にて公開中 ◆◇◆

by million2005 | 2006-09-07 16:15 | ★理想の家