浜省ツアー日記(1) 「青空」

なんて気持ちのイイ日なんだろう。
気象庁が‘梅雨入り’を発表した直後は晴れる、そんなジンクスがあるけど、今年も例外ではなく、ここ2~3日本当に気持ちのいいお天気が続いている。週末の天気予報ははずれ。そして、この清清しいお天気は、‘奇跡’の扉を開いてくれた。

SHOGO HAMADA ON THE ROAD 2007-2007 My First Love is Rock'nRoll ツアーオフィシャルブログ
2007年6月15日(金)、16日(土) NHKホールで行われた、浜田省吾のツアーに参加することができた。
これ自体が 既に‘奇跡’だ!
♪こどもたち、おふくろにあずけて、出かけよう今夜♪ 
今回、私たち夫婦も子どもを親戚にあずけ、コンサートに出かけた。

順序として、金曜の1日目から書こうと思うのだが、昨日の感動がまだ覚めず♪今も消えずにあるから♪ 先に昨日のコンサートの模様を‘熱く’よりさらに‘暑苦しく’語りたいと思います(笑)

一体感

昨日のNHKホール(会場)の空気は、ある種、神がかり的なものがありました。
どれだけの言葉を使えば表現できるのだろう?いや、絶対に言葉では言い表せないものだった。
たぶん、その場にいた全員が、‘感じた’もの。 それを言葉にできないもどかしさはあるけど、♪誰もが♪皆感じた、全く同じ感覚。観客約3750名と、ステージの上の8名、すべての人の気持ちが1つになった瞬間が、そこにはあった。
たとえ10人でも、人の気持ちが同じになることなんて有り得ない。同じものを食べ、同じものを見ても、人それぞれ、10人が10人違った感覚を持つのは当然。しかし昨日のあの3時間のコンサート中、何度か(たぶん1度や2度ではない)、スタッフを合わせ総勢4000人近い人達の心が‘一体化’した瞬間があったと私は思う。それは、浜省と年の近い私たちだから、ではない。下は10代から、上は60を越える方まで、(毎回コンサートでは恒例の年齢調査が行われる) 浜省の歌を知っていようといまいと、あの場に無理矢理連れてこられた人や、お腹がぺこぺこな人、仕事の疲れがたまって眠くてしょうがない人、心配事があって悩んでいる人、それぞれに事情を持ち、決して、単純(わたしのような)‘浜省バカ’な人達ばかりではなかったと思う。それでも‘一体化’していた。
言葉は暑苦しいが、この‘一体化’は、今日の、ここ数日の気持ちのイイ、爽やかなお天気そのものだった。
今日この空を見上げて、誰もが思う気持ち。♪青空を見上げて思う♪気持ち、が会場内の空気となって、私たちを包んでいた。
[PR]


 ◆◇◆ 建替え中の我家の状況は、別ブログ “シンプルxシック”にて公開中 ◆◇◆

by million2005 | 2007-06-17 16:19 | 浜田省吾

<< 浜省ツアー日記(2) 「ラスト... excite メンテナンス終了 >>