髪を切りました

今日美容院に行って
髪を切ってきました^^ゞc0025852_14153125.gif















先月の終り、3月31日 ― 母が他界しました。

医師から余命を告げられた時、私自身 まったく信じられなかったし、母には、もっと もっと 長生きして欲しいと思っていたので、病気なんかに負けずにガンバレ!と いつも励まし、無理矢理 元気づけてきましたが、本当はかなり母自身、具合が悪かったんだと思います。

ただ、今の正直な私の気持ちとして

具合の悪かった母を看ている時よりも、今の方がずっと気持ちが楽なんです。

母の死を悲しんでいないわけではなく、こんな言い方をすると、なんだか
とても‘冷たい人’と思われそうなのですが・・・

髪を切ったのと同じくらい、サッパリとした気分になっている自分が不思議なくらいです。

娘の卒業式も、病気の母を家に残し、式に出席したものの、気持ちは決して楽なものではなく、重く苦しいものでした。

母と、食事をしていても、テレビをみていても、辛そうな母を見ているのが辛くて、何をしていても、どうしても気が重くなってしまい、それを母に知られまいと必死にもがけばもがくほど、明るく振舞えば振舞うほど、自己嫌悪になっていました。

桜が満開の中、母は逝ってしまいましたが、

葬儀の後、お花見をしたり、娘のピアノの発表会があったり、
中学校の入学式がありましたが、どこにいても、何をしていても、

母がいつも一緒にいる、そばにいる、
そう思うと、とても気持ちが楽になれるんです。

私の中では、いつも明るく元気な母がいて、

今も私のそばには、明るく元気な母がついていてくれるって、本気でそう思っています。

なので、不思議と さみしい、とか、悲しい という感情が湧いてこないんです。

今までで一番悲しかった日は、母が亡くなった日ではなく、病院の医師から、母の病名と余命を告げられた日かもしれません。
その日は、涙が止まりませんでした。 部屋でひとり泣いていると
その涙をコロンが一生懸命なめてくれたのを思い出します。

今は、悲しいというより、母同様、‘楽’になれた 
そんな気分なんです。

だから、私も元気に、ブログ 復活します(^o^)/

c0025852_14523127.gif
[PR]


 ◆◇◆ 建替え中の我家の状況は、別ブログ “シンプルxシック”にて公開中 ◆◇◆

by million2005 | 2007-04-12 14:55 | Mのひとりごと

<<             キッチン 癒し・・・ >>