床暖房の家

一旦は“リフォーム”に傾いた、我が家の建替えプロジェクトも
水面下、リフォームと同時進行で、“建替え案”も密かに動いていました。

今 検討しているのが、全館 床暖房の家 

ブログに記事を書くと、またダメになりそうな気がして(f^^;)
なかなか投稿する勇気がなかったのですが、少し矛先が見えてきたので
ちょっと紹介してみようかな~と思います^^ゞ

今までずっと“全館空調”にこだわっていた私、ここで一旦
“全館空調”を全部リセットしてみました。
(全館空調を前提に、見積もりを取ったHM
 ⇒三井ホーム、東急ホーム、三菱地所ホーム)

でも 温度のバリアフリー に対してはこだわっていて。

実際には、2x4(ツーバイフォー)などの建物や、現在の新築住宅は
高気密、高断熱で、外の熱が家の中に伝わりにくかったり、家の中の熱が
外に逃げないようになっているので、大抵 エアコンの冷暖房でも快適に
過ごせるようになっていると思うんです。
それでも、私自身どうしてもエアコンが苦手で、いかにエアコンを使わず、
冬場、快適に家の中で過ごせるか、そればかり考えていました。

図書館でたまたま読んだ雑誌「美しい部屋」で、この床暖房の家に
出会い、昨年暮れに、立川の展示場へ無理矢理 主人を引きずって
モデルハウス見学に行ってきました。

普通の床暖房と一緒なのですが、基本的には、家の土台>基礎全体
床暖を設置します。
なので、玄関からトイレまで 家全体が床暖房の上に建っている、といった
感じです。 そして暖かい空気は上へ上へと上がっていくので、その
1階の床暖の熱が2階まで暖めてくれるという仕組み・・・

1番のポイントは、朝と夕 2時間ずつ 床暖の電源を入れるだけ(1日4時間)で
昼間や夜間は、スイッチを切ったまま、家の中がずっと暖かいそうです。

“全館空調”は、1日中、1年中、空調したままなのですが、この床暖房なら
朝夕4時間のみ。

昼間、主人や娘が出かけている間、
私1人の為 (じゃなくて、ミーちゃんやコロンの為)に 
冷房や暖房をつけておくのって、なんとなくもったいない気がしていたんです。
冷房はまだガマン出来るけど、暖房はどうしてもガマン出来ず、
今も、ガンガン 石油ストーブをつけています。

でも、床暖の家にしたら、昼間は一切 暖房機をつけなくてもいいんです。

私の希望する “オープンプランニング” (部屋の仕切りをなくす)ならではの
画期的な暖房方法なんじゃないかと思っています。

何より、今回は、主人もかなり “乗り気”になっているんです^^ゞ

c0025852_1085686.gifいつまたリフォームに変わるかわからないし、母の入院で、正直 「家の建替え」自体 どうなるかわからないけど、家を快適にして、新しい家で、ばぁば(母)にも ゆったり まったり 老後を気持ちよく過ごしてもらいたいと思うんです。 
病気は“気持ちの病”ですからね、
「イイ家」 「健康な家」に住めば、人にもきっと良い影響を与えてくれるだろうと、願っています。
[PR]


 ◆◇◆ 建替え中の我家の状況は、別ブログ “シンプルxシック”にて公開中 ◆◇◆

by million2005 | 2007-01-26 09:50 | ★理想の家

<< 『さらに「いい家」を求めて』 スキン変更 >>