母の入院

朝、いつも通りの1日が始まり、
お正月、いつも通りの1年が始まる・・・

こんな極・極・当たり前の事が、母の入院をきっかけに
‘昨日と同じ’なんて事はないんだ、と気づかされました。

今日が昨日と同じように過ごせたら、それはとてもしあわせな事

正月明けの8日に母の黄疸に気づき、救急病院で診てもらったところ
「即、入院」と言われ、それまで元気に仕事をしていた母は、自分では
どこも何ともないので、散々ゴネていたのですが、結局2日後の10日に
検査入院

先週から今週にかけて、採血、CT、内視鏡、超音波、などの
検査をしながら、黄疸を抑える治療をしています。

まさか、母が入院するなんて・・・

我が家は、私も母も、家族の中で今まで誰も“入院”をした経験がなく
“自分達は健康なんだ”と過信していたんですね。
正直、母に関しては、私が病気になることはあっても、母は元気で
百歳までピンピンしているものと、勝手に思い込んでいました。

でも、この“入院”をきっかけに、最先端の治療を受け、
悪いところを徹底的に治して、ここでくじけずに、

ここから百歳まで元気に過ごせるよう 

気持ちを切り替えていかなくちゃいけませんよね。
[PR]


 ◆◇◆ 建替え中の我家の状況は、別ブログ “シンプルxシック”にて公開中 ◆◇◆

by million2005 | 2007-01-17 09:30 | Mのひとりごと

<< SoftBank のCM THE 4400 >>