もぉ10月かぁ~

ブログ フリーズしてしまって(f^^) ごめんなさい。

  ~ ブログが固まってしまう要因 ~
(その1)風邪――未だに鼻水が…(鼻かみすぎで、いつも鼻の下が赤い;´д`)
(その2) 家 ――結局、未だ 決まらず…どうなる???my sweet home!
(その3)体重――丸1週間、ダイエット(運動)しているにも関わらず 減らない…
(その4)ディープ・インパクト――10月1日凱旋門賞 結果3着(泣)_| ̄|○

まだまだ、要因をあげたら キリがないんです…(;´д`) 
                         
元気に毎日ハリキッてブログ更新してた時期が なんだか、なつかしい…(;_;)          



9月28日(木)
韓国ドラマ「シンデレラ」全24話を見終えた。
(最後は1日で一気に4話見てしまったf;´д`)
あんな終わり方をするなんて、思いもしなかった。
タイトル通り、2人の姉妹のサクセス・ストーリーなんだとばかり思っていた、23話までは。
すごく面白かったし、女性の内面がよく出ていて、迫力ありすぎで、見ていて怖かったけど、1話1話かなり見応えがあった。中だるみしがちなよくある話ではあるけれど、最後まで惹きつけて離さないのは、やはり俳優陣の演技力だと思う。それにしても、どうして、キム・スンウの出てるドラマって、こんなに好いんだろう? これは決して贔屓目ではないと思う。

「新貴公子」「ホテリア」「ローズマリー」 & 「シンデレラ」 全部イイ

そして、全作品とも、キム・スンウの相手役の女優さんがステキ♡
最初はキム・スンウが出演しているから、というキッカケでドラマを見始めるんだけど、1話目からキム・スンウなんてどうでもよくなっちゃって(笑)見終わる頃には、相手役の女優さんの方を好きになっている。つまり、キム・スンウは、相手の女優をうまくその気にさせて、ドラマのヒロインとして引き立てる事の出来る貴重な俳優なのかもしれない。うん、きっとそう。。。いや、そうじゃなくて、韓国の女優さんが皆、元々演技が上手い???のかもしれない。(どっちやねん!)
今回も、姉妹役のファン・シネ、と イ・スンヨン「初恋」、本当に迫力のある素晴らしい演技だった。
「ホテリアー」のソン・ユナも、ソン・へギョ「秋の童話」も、
「ローズマリー」のユ・ホジョンも、ぺ・デュナも本当に演技がうまいと思う。。。
皆、すごく自然だし、人間味あるし、日本ドラマの女優とは全然違う気がする。
(σ(^_^)毒舌なので許してもらうと)伊東美咲の演技は見ていられない(>_<”)  どうにかしてぇ~って感じ。まだ「ナースあおい」の石原さとみは頑張ってる感があるけど、日本の若手女優で‘演技がうまい’と思える人って最近のドラマでは本当にいないですよね。と言いつつ、今一番注目しているのは、先日観た映画「フラ・ガール」の蒼井優ちゃん、彼女は、ちょっと将来イイ女優になりそうな気配が…。この映画の松雪さんも好かったです^∀^

オットΣ(・Д・ノ)ノ話が完全にそれてます…。
話にもどりますネε=εε=ε=εε=ε=εε=┏( >_<)┛

キム・スンウ出演ドラマ
2003年 KBS  ローズマリー
2001年 MBC  ホテリア
2000年 MBC  新貴公子
1998年 MBC  追憶
1997年 MBC  シンデレラ
一時の韓流ブーム、流行りものに弱い私σ(^_^)は、例の如く「冬ソナ」にハマって、ぺ・ヨンジュンが出てるからって「ホテリア」観たら、キム・スンウにハマって、その流れで、次に「新貴公子」、「ローズマリー」、最後がもう9年も前の「シンデレラ」←この頃のキム・スンウは、まだかなり堅さがあるけど、これが基本となって「新貴公子」や「ホテリア」に繋がっていくんだと納得。彼の誠実な人柄は最も最近の「ローズマリー」でも全く変わらない、「シンデレラ」の時のまんま。自分のスタンスを変えないで、しかも、しっかりと演技ができる、なんて…立派な俳優さんだと思う。

そんな訳で、ここ数週間、韓国ドラマ「シンデレラ」 と 米ドラマ「LOST」にハマってました。
[PR]


 ◆◇◆ 建替え中の我家の状況は、別ブログ “シンプルxシック”にて公開中 ◆◇◆

by million2005 | 2006-10-02 15:29 | 映画・ドラマ

<< 「やせた?」って聞いて、聞いて... ハンドパワーψ( ̄〇 ̄) Ψ >>