‘梅雨入り’したんじゃないの?

ブログTOP(↑)の写真のような青空、最近トンとご無沙汰してますね~
これって、もう‘梅雨’じゃないの?
いつもの年なら、真夏のような暑さがあって、不精な私は
あわてて半袖の洋服を引っ張り出してきて、
そのついでに‘衣替え’をしていたような…(f^^)

今年は、まだ厚手のカットソーやジャケットが手放せません。

お天気もイヤだけど、ニュースでも、またまた子どもが犠牲になる
悲しい事件が起きてしまいました。
秋田の小1男児殺害事件

目には見えない、決して人前に出ない、凶悪な犯罪者が、今
水面下で、ニヤニヤしながら、TVの報道を見ていると思うと、怖ろしくて…寒気がします。

昨日、ニュース・ステーションで古舘さんも言ってたけど、

家庭での子どもの教育が問題

けれど、それはとても根の深い問題で、国会で話し合ったところで
納得のいく、話のまとまるような問題ではない。

親は子に‘愛情をそそいでいる’つもりでも、子どもにとってそれが実際
伝わらずに、鬱積(うっせき)し、ゆがんだ形で、爆発してしまう。。。

全く無関心な親、そして、過剰な親、

愛情の偏(かたよ)りにも問題があるのかもしれない。

そして、その愛情の偏りとともに、うっせきし、ゆがんだ心を持った子どもが
大人になり(実際には大人になれず、人間にもなれず) 
自分の欲求の‘はけぐち’として、幼い子どもを狙う…  
あまりにもこのパターンが多い気がする。


隠れて、自分を出せずにいる子どもに対して、親じゃなくても、近所のおじさん、おばさん
学校の先生、用務員のおじさん、まわりにいる大人の誰かが、その子の気持ちを
引っ張り出して、親身になって話を聞いてあげて、「あなたは悪くないよ」て言ってあげる人が1人でもいれば、こんな凶悪な犯罪を未然に防げるんじゃないかと…。
私自身、自分の子どもばかり気にしないで、もっとまわりにいる子ども達のことも
気にかけてあげなきゃいけないし、非行に走る青少年やニートの人達に対しても、無視するのではなく、関心を持って、声をかけたり、話を聞いてあげなきゃいけないんじゃないかと・・・

でも、なかなか、それが出来ないもんなのよね~ε- (´。`;)>
[PR]


 ◆◇◆ 建替え中の我家の状況は、別ブログ “シンプルxシック”にて公開中 ◆◇◆

by million2005 | 2006-05-19 12:33 | Mのひとりごと

<< コロンのブログに… W杯 日本代表 決定 >>