『僕の彼女を紹介します』

昨年末から見ている映画と言えば、アニメばかり、
しかも、「Mr.インクレディブル」はウィンブル・シート(座席が振動する)
「ポーラ・エクスプレス」は3-Dと、まるでテーマパークのアトラクションのような
映画ばかりだったので、今日見た「僕かの」は、なんだかとても映画らしくて
新鮮でした(笑)
内容はかなりB級作品並みだったけど、映像と音楽、全体の雰囲気は
決して悪くはなかったです。韓流ブームにのって、やや贔屓目に見てるのかも
しれませんが、泣かないつもりが、ついつい涙があふれてきてしまいました。
「泣く映画」と聞いていたので、はじめは、「こんなんじゃ泣かないわよ」と
思っていたのですが、気がついたら、涙がタラタラと・・・(T-T)
自分でも気づかない心の奥の”琴線に触れ”てしまったみたいです。
レディス・デーでまわりは女性ONLY(しかも平均年齢高め(笑)2人連れや
一人の人など、ポツリポツリ、ほとんど貸切状態でしたが、映画の最後の方では
左右、前後、観客のほとんどの人が鼻をすする音や、目を押さえる仕草を・・・
私も内心、こんな少女マンガチックな映画で泣くものかと思いつつも、、、
ふいてもふいても涙が出ちゃって。。。(絶対これは年のせいだ(>_<)
賛否両論あると思いますが、なかなか良い映画だったと思います。
[PR]


 ◆◇◆ 建替え中の我家の状況は、別ブログ “シンプルxシック”にて公開中 ◆◇◆

by million2005 | 2005-01-12 14:44 | 映画・ドラマ

<< 「新貴公子」 うちの猫 Part2 >>